news and events (5)

染色体分配における染色体と微小管の2種類の結合の使い分け

 細胞が分裂する際に起こる染色体の分配は、染色体が紡錘体を形成する微小管に結合することによって起こります。染色体が微小管の末端に結合すること(末端結合)はよく知られていますが、一過性に見られる微小管の側面への結合(側面結合)については、そのしくみや意義はよくわかっていませんでした。今回、東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野の伊藤剛助教(現秋田大学医学系研究科助教)、池田真教助教らは、側面結合が染色体を紡錘体上に留めるはたらきをしており、その後の末端結合の形成に重要であることを明らかにしました。

詳細

お問い合わせ先
東北大学加齢医学研究所
分子腫瘍学研究分野
教授 田中 耕三
電話番号: 022−717−8491
E-mail: kozo.tanaka.d2@tohoku.ac.jp