研究室の概要

川島研究室で研究をしてみたいと思っている皆様へ

川島研究室とは

   応用脳科学研究分野ユビキタスセンサー研究分野認知機能発達寄附研究部門の総称です。
いずれの分野・部門で研究をしてみたい場合でも、全て川島隆太研究室にコンタクトをしてください。
(電話022-717-7988<担当秘書:橋本> 電子メールfbi*grp.tohoku.ac.jp<*を@に置き換えてください>)

川島研究室の教員と研究トピック

川島 隆太  教授
高齢者の認知機能向上に関する研究
認知症患者の認知訓練法の開発と普及
基本的生活習慣が子どもの脳発達に与える影響の研究
研究成果の社会啓蒙と社会実践

竹内 光  准教授
MRI/機能的MRIを用いた認知指標の個人差の神経基盤の解明に関する研究
MRI/機能的MRIを用いた認知訓練の効果に関する研究
MRI/機能的MRIを用いた遺伝的多型の神経系との関連に関する研究
MRI/機能的MRIを用いた生活習慣・環境要因の神経系に及ぼす影響に関する研究

野内 類  准教授(兼務)
fMRIや心理学的研究法を用いた加齢と感情がエピソード記憶に及ぼす効果とその神経基盤の解明
fMRIや心理学的研究法を用いた災害に関する情報の認知プロセスの脳内機序に関する研究
MRIや心理学的研究法を用いた認知機能を向上させる原理の解明や手法の開発とその効果の検証
RCTを用いた生活介入が高齢者の認知機能や精神的健康に及ぼす効果の検証
簡便に認知機能や精神的健康を測定するツールの開発

橋本 照男  助教
実験心理学的手法とMRI/機能的MRIを用いた知覚・認知・情動のメカニズムの解明に関する研究
実験心理学的手法とMRI/機能的MRIを用いた認知機能発達とその障害の神経基盤の解明に関する研究
実験心理学的手法とMRI/機能的MRIを用いた遺伝要因と心身の発達との関連に関する研究

領家 梨恵  助教
マウスの環境エンリッチメント飼育が脳形態と認知機能に及ぼす影響
動物モデルを用いた心的外傷後ストレス障害の発症メカニズムの解明

池田 純起  助教
小型NIRSを用いた集団協調タスク時の脳活動同調の研究
安静時脳活動とコミュニケーションの質の関係

松﨑 泰  助教
(新任)

佐々木 一益  助教(兼務)
麻酔、疼痛、モニタリング

研究に使える主な実験装置

ヒト用(3T)MRI
機能的MRI
人の脳に心が宿る仕組みを解明できる
人の心を読み取る研究ができる
脳と心の関係を理解し、人間をより幸せにする新しい考え方を探求できる
MRI全般
生活習慣や認知訓練介入による脳の変化を計測できる
遺伝子、生活習慣と脳、認知力の相互作用を解明できる
種々の疾患脳と健常脳の差違が解明できる

動物用(7T)MRI
人の実験では不可能な脳組織染色・遺伝子操作・薬理学的介入が駆使できる
人のMRIイメージング研究成果の背後に潜む生物学的バックグラウンドが検証できる
動物病態モデルを用いた新規薬物による治療効果が検証できる

NIRS
前頭葉の活動を中心としてより自然な環境で脳の活動を計測できる
人の心を読み取る研究ができる
多人数の脳活動の相互関連を解析できる