小笠原 康悦
img_9204
小笠原 康悦
東北大学
加齢医学研究所
生体防御システム研究部門長

生体防御学分野

当研究分野は、平成20年7月に加齢生体防御学研究分野として新設されました。その後、加齢医学研究所の部門再編に伴い、平成22年4月より、生体防御学分野として名称変更いたしました。加齢医学研究所では、加齢医学を「受精から発生・発達・成熟・老化に至る時間軸に沿った医学・生物学」と定義し、加齢のメカニズムや加齢を制御する生体防御機構を解明すること(基礎加齢研究)、および加齢に伴う疾患(認知症などの脳・神経疾患や難治性がん)に関する先端的診断・治療法の開発を行い、社会が要請するこれら重要疾患の克服を目指しています。この研究所のミッションの一翼を担うべく、当分野では、生体防御機構について研究をしています。
当研究室では、加齢に伴う免疫異常が原因となっている、がん、自己免疫疾患、感染症などについてNK細胞およびT細胞の認識機構に焦点を当てて、免疫システムを研究しています。我々は、動物モデル、遺伝子組み換え技術を用いてこれら疾患の病態を明らかにし、新規診断・治療法の開発を目指しています。
我々が着目しているNK細胞は、自然免疫系および獲得免疫系の両方で活躍しており、ウイルス感染細胞の排除やがん細胞の排除に深くかかわっています。NK細胞は、これら標的細胞を活性化レセプターと抑制性レセプターの2つのレセプターで認識していることが知られています。我々はこのレセプターの認識機構に焦点を当てて研究をしています。最近、NK活性化レセプターNKG2Dが、ウイルス感染症、腫瘍免疫、自己免疫性糖尿病に関与していることを明らかにしました。
我々は、これらの研究に興味がある学生を広く受け入れ、研究の面白さ、醍醐味をぜひ味わっていただきたいと思っております。