東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

一覧へ
教授リレーブログ
第23回
岡田 克典
Yoshinori Okada
肺癌と肺移植を診療・研究の両輪として進みます
肺癌検診から気管支鏡、心臓カテーテル、手術そして緩和医療まで
行なう先輩方に魅かれて呼吸器外科へ。しかし専門は肺移植に。

 2015年4月1日付けで呼吸器外科学分野教授を拝命いたしました。臨床実習の時に、手術のみならず気管支鏡検査、一側肺動脈閉塞試験による機能的肺切除適応の評価、抗がん剤感受性試験などを幅広く行っている呼吸器外科(仲田 祐教授の主宰する抗研外科、ベッドグループオーベンは藤村重文助教授でした)に興味を持ちました。診療分担が未完成だったという見方もできますが、私は一人の患者さんをトータルで診ることのできる診療スタイルに魅力を感じて入局を決めました。研究も肺癌の事をやろうと思っていたところ、水泳部の先輩である近藤 丘先生(前教授)に「肺癌もいいけどこれからは肺移植も大切だよ」と勧誘されました。肺移植???という感じでしたが、近藤先生の前向きで気さくでなお人柄に惹かれ、そして肺移植グループは動物実験をやるから手術がうまくなるという未確認の噂に後押しされて肺移植の道を志しました。当時、臨床肺移植は夢のまた夢という感じで、移植医療の中でもひときわ険しい道に足を踏み入れてしまったと気づいたのは2000年に臨床が始まってからの事です。しかし、素晴らしい上司、同僚、後輩に恵まれ、忙しいながらも充実した日々を送れていることに改めて感謝している今日この頃です。当科は、これからも肺癌と肺移植を診療・研究の両輪として進んで参ります。引き続きご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
(写真上:教室の皆と(前列中央ネクタイ着用が岡田))
 次回は神経機能の小椋先生です。

Profile 名 前:岡田 克典(おかだ よしのり)
出身地:仙台市
趣 味:読書、ドライブ、プロ野球観戦(もちろんイーグルスファン)
分野名:呼吸器外科学分野(公式HP独自HP

2005年度医学部水泳部主催「遊泳会」での呼吸器外科チーム
前列右から佐渡先生夫人、岡田、長男(当時5年生)
中列右から佐渡先生(現獨協医大呼吸器外科准教授)、
近藤前教授(現東北薬科大病院長)
後列右から大石先生(トロント大学留学中)、
石田先生(現岩手県中呼吸器外科)、
保坂先生(現東北労災病院呼吸器外科長)、
ご長男、保坂先生のご主人、ご長女(当時2年生)

ページトップへ ↑