東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ナンバーワン・オンリーワン

せかいでいちばん。 せかいにひとつ。
それぞれの研究室における「世界レベル」の研究をご紹介します。
この分野なら、どこにも負けません!
ストレス応答制御でがんの克服・臓器再生
遺伝子発現制御分野
ストレス応答性転写因子Nrf2の機能制御が難治性がんの克服・臓器再生の促進につながることを明らかにしました。

一覧へ一覧へ 一覧へ
免疫の基礎研究から創薬シーズの開発へ
遺伝子導入研究分野
自己・非自己の識別のしくみを補完する重要なはたらきである免疫調節の分子機構を明らかにし、基礎・応用研究を創薬につなげる世界的・先端的な研究室。

一覧へ一覧へ 一覧へ
ドレス現象と病原性T細胞
生体防御学分野
ドレス細胞や、アレルギーの病原性T細胞を発見しました。                         
一覧へ一覧へ 一覧へ
重要因子から血栓・止血学領域で臨床研究を展開
基礎加齢研究分野
基礎的研究で多くの重要因子を見いだし、血栓・止血学領域で臨床研究を展開しているユニークな研究室です。

一覧へ一覧へ 一覧へ
脂質代謝を制御して動脈硬化を防御
代謝制御分野
リポタンパク質レセプターや脂肪酸活性化酵素などの研究を通し、脂質代謝の制御に夜動脈硬化などの加齢疾患の防御をめざしています。

一覧へ一覧へ
放射線の影響を過去から学び、未来の環境と生命を守る
病態臓器構築研究分野
放射線の影響を過去から学び、未来の環境と生命を守る重要な研究です。                                 

一覧へ 一覧へ 一覧へ
がんを兵糧攻め血管の新生を制御
腫瘍循環研究分野
血管新生に関わる新規分子vasohibin-1(VASH1)、vasohibin-2(VASH2)を発見し、癌の診断・治療への応用を進めている日本を代表する研究室です。

一覧へ 一覧へ 一覧へ
がん細胞ではなぜ染色体が安定に維持されないのか?
分子腫瘍学研究分野
高度な細胞イメージングを駆使して細胞分裂の研究を行い、がん化のしくみの解明・がん治療の開発・改良に取り組んでいる研究室です。


一覧へ 一覧へ 一覧へ
遺伝性腫瘍の原因分子のがん抑制機構の解明
腫瘍生物学分野
遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の原因となるBRCA1のDNA損傷応答や新規結合分子OLA1の細胞分裂制御機構の解明に取り組んでいます。


一覧へ 一覧へ 一覧へ
癌のテーラーメード治療基礎から臨床まで
臨床腫瘍学分野
がんの新規テーラーメイド治療の開発を目指した基礎研究、トランスレーショナルリサーチ・臨床研究を推進する国内有数の研究室です。
一覧へ 一覧へ 一覧へ
JNETS の登録センターとして多施設共同臨床研究を推進
呼吸器外科学分野
JNETS(Japan Northern East Area Thoracic Surgery Study Group) の登録センターとして多施設共同臨床研究を推進しています。  
本邦における肺移植のleading施設として、移植成績向上に取り組んでいます。             

一覧へ 一覧へ 一覧へ
新しい創薬ターゲットを発見!副作用を完全回避
神経機能情報研究分野
発生、恒常性の維持について、力を視点に新しい研究領域を切り開きます。そして、力刺激の生理的意義を解明し、全く新しい治療法や薬剤の開発につなげます。
一覧へ 一覧へ 一覧へ
「賢い脳」の秘密を明らかにする世界最先端の研究
脳機能開発研究分野
コミュニケーションや自己認識、上手な学習など「賢い脳」の秘密を明らかにする世界最先端の研究をしています。
一覧へ 一覧へ 一覧へ
世界有数の大規模脳画像データベースとその解析
機能画像医学研究分野
脳画像、生活習慣、認知力、遺伝子情報などを統合した数千人のデーターベースを用いて認知症の一時予防を目指している世界有数の研究室です。

一覧へ 一覧へ 一覧へ
認知症の先制医療と未病を可能にできる
老年医学分野
アルツハイマー病をはじめとする認知症では,臨床症状出現に先だって,脳内で老人斑や神経原線維変化など様々な病理変化が脳内で進行すると考えられています。この病理変化を検出するバイオマーカーの開発を行っています。
一覧へ 一覧へ 一覧へ
次世代の個体を作り出す生殖細胞の神秘
医用細胞資源センター
次世代の個体を作り出す生殖細胞の神秘を解き明かす研究で世界をリードしています。      

一覧へ 一覧へ 一覧へ
運動や認知トレーニングによる基礎的研究から社会応用研究まで
スマート・エイジング国際共同研究センター
運動や認知トレーニングによる心身機能向上に関する基礎的研究から社会応用研究まで一気通貫で行っている世界有数の研究室です。

一覧へ 一覧へ 一覧へ
「死の谷」の克服のため非臨床試験を行う世界有数の施設
非臨床試験推進分野
「死の谷」の克服のため、モデル回路を用いたベンチテストから、動物実験、臨床までの橋渡しを目指す非臨床試験まで、国際基準で行う世界有数の施設です。

一覧へ
あらゆる種類の人工臓器開発に臨床前試験を行う世界有数の施設
心臓病電子医学分野
あらゆる種類の人工臓器開発に、モデル回路を用いたベンチテストから、動物実験、臨床までの
橋渡しを目指す臨床前試験まで、一気通貫で行っている世界有数の施設です。 

一覧へ 一覧へ 一覧へ
脳活動や頭部の動きを同時無線計測する超小型装置を開発
ユビキタスセンサー研究分野
実生活環境で多人数の脳・自律神経活動を同時計測する超小型頭部近赤外計測装置を、2013年、
科学技術振興機構先端計測分析技術・機器開発プログラムにより、(株)日立製作所と共同開発
一覧へ 一覧へ
世界標準基準を満たす非臨床試験環境で迅速な治験を目指す
呼吸不全電子医学分野
細胞または小動実験による基礎的研究成果を、世界標準であるGood Laboratory Practice(GLP)
基準等を満たす非臨床試験環境での中・大動物実験で検証し、臨床研究・治験へ迅速に繋げていく事を目指します。
一覧へ 一覧へ

ページトップへ ↑