東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

海外留学報告や国際学会印象記といった硬い話題から日常における英会話のちょっとした工夫まで、
ここでは国際化への取り組みをご紹介します。「国際化」って難しいことだと思っていませんか?
国際化はたとえばこんな簡単な一歩から始まるんです。
2016.03.15
音楽の都から持ち帰ったもの
鈴木 拓志
心臓病電子医学分野
少しの自信と、iTunesに数曲のクラシック音楽

2015.12.10
2度目で実感した国際化
榊 浩平
脳機能開発研究分野
シカゴで同志と再会、新たなつながり、自信と責任

2015.11.27
ヨーク大学留学体験記
元木 康介
脳機能開発研究分野
イギリス ヨーク大学に留学して学んだこと - 大学、食生活、研究生活について-

2015.10.28
国際学会に参加して
本蔵 陽平
遺伝子発現制御分野
世界の研究の潮流を実感し、 今後の研究の方向性を考える

2015.10.13
初めての国際学会参加で感じたこと
三友 英紀
呼吸器外科学分野
日本と世界との違いを知ることの重要性

2015.09.30
とりあえずフットワーク!
坪子 侑佑
心臓病電子医学分野
ラテンのノリから学んだもの

2015.07.23
はじめての国際学会
斎藤 健貴
基礎加齢研究分野
小さなコミュニケーションの積み重ねから得られた、大きな学び

2015.07.16
高みを目指す契機
松平 泉
機能画像医学研究分野
世界での、今の自分の位置と価値を知る

2015.07.09
ホノルルにて、初めての学会
小林 亜紀子
機能画像医学研究分野
大切なのは、伝えようとする努力

2015.06.30
「国際化」に必要な事を学んだ学会参加
平 恭紀
心臓病電子医学分野
マレーシア人との談笑から学んだ「国際化」に最も必要な日本人の英語に対する姿勢

2015.05.28
まずはアジアで第一歩
佐藤 悠子
臨床腫瘍学分野
アジア太平洋ホスピス会議で国際学会に初参加

2015.02.05
積極的に海外へ出よう!
佐野 恭介
心臓病電子医学分野
異国での学会発表と街中散策で抱いた2つの気持ち

2015.01.07
研究を通じて感じる異国文化
佐藤 恵莉子
神経機能情報研究分野
6年ぶりに訪れたシンガポールにて、初めての国際学会

2014.12.17
国際学会デビュー!
榊 浩平
脳機能開発研究分野
世界中の同志と出会い、踏み出した研究者としての第一歩

2014.12.04
学会発表とパレード
林 剛平
病態臓器構築研究分野
学会発表を終えて外に出ると、晩夏夕暮れのDiagonal Streetは、
赤と黄色の衣装を着て行き交う人々で埋め尽くされていた。


2014.11.27
おみやげは、世界の知識
石木 愛子
老年医学分野
身近なチャンスを活かして、国際学会を2倍楽しむ!

2014.11.13
海外留学:人生の分岐点
渡邉 怜子
加齢ゲノム制御プロテオーム寄附研究部門
パスツール研究所で見つけたフランス流「男女共同参画」
日本の価値観からは想像もできない生活が、そこにはありました。


2014.10.24
海を越えHealthy Agingを学ぶ
藤本 博子
老年医学分野
「This is Denmark.」
多様な価値観にふれ、日本のHealthy Agingの在り方を再考する。

ページトップへ ↑