東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

共同利用・共同研究

成果(平成23年度)

課題番号 研究課題名
1 ゼブラフィッシュ発達期における逃避反射神経回路形成の活動依存性に関する研究
2 HtrA1/HtrA3ダブルKOあるいはHtrA1/TercダブルKOはヒトのCARASILのモデル動物になりうるか?
3 ストレス老化シグナルによる解糖系代謝調節の誘導する癌化バリアー形成機構の解明
4 線虫感染によって誘導される2型メモリー応答の加齢による変化
5 加齢に伴う免疫不全のメカニズム解析~サイトカイン分泌異常マウスをモデルとして~
6 シェディング活性化因子ナルディライジンの老化・加齢における意義の検討
7 新規ASB family 分子の心臓形成・心臓機能における役割の解明
8 消化管の多段階発癌におけるVasohibinファミリーの発現に関する病理組織学的研究
9 腎疾患における内因性Vasohibinの発現変化・機能的意義の解明と新規治療アプローチ
10 LKB1/CBP/p300がん抑制遺伝子の失活がもたらすヒト肺がん細胞のDNA切断修復異常の解明
11 細胞周期チェックポイントタンパクATRを介したオートファジーの制御に関する研究
12 DNA損傷修復に関与するヒストン修飾関連因子の同定と機能解析
13 DNA損傷応答におけるTIP60複合体のリアルタイム可視化解析
14 DNA二重鎖切断領域におけるDNAポリメラーゼμによるDNA合成機構の解析
15 DNA二重鎖切断修復の分子機構とがん放射線治療への応用に関する研究
16 ヒトOXR1タンパク質のゲノム情報安定化における生理学的機能の解明
17 重粒子線照射に特異的なタンパク質リン酸化反応の探索
18 抑制型受容体PIR-Bによる免疫応答制御の細胞内分子動態の解析
19 繊毛構築を制御する新規シグナル経路の同定とその機能解析
20 免疫制御受容体による自己免疫疾患制御機構の解明
21 染色体分配時のクロマチン制御機構の解明
22 腫瘍細胞にみられる染色体不安定性の病理解明のための基礎的研究
23 進行胃癌患者におけるNK細胞関連因子の解析による新規胃癌進行度マーカーの開発
24 がん細胞のシスプラチン耐性獲得機構の解明
25 新規乳癌関連分子のノックアウトマウスの作成とその解析による新たな発癌機構の解明
26 分裂期キナーゼによるBRCA1関連分子の制御機構とその破綻による発癌メカニズムの解明
27 タンパク質架橋酵素トランスグルタミナーゼによる腫瘍血管形成維持におけるバソヒビンの役割解明
28 腫瘍の低酸素シグナル伝達系と放射線耐性機構との関連性
29 尿路上皮癌におけるVASH1,VASH2の発現とその機能解析
30 放射線耐性腫瘍に対する格子状マイクロX線照射による新たな治療法の開発
31 臨床的放射線耐性肝がん細胞の細胞増殖能獲得メカニズムの解明-ErbBファミリーの解析-
32 放射線耐性腫瘍における微小循環系の形態的特性の解析
33 アルツハイマー病脳初期病変とシナプス関連物質との関連-マイクロアレーを用いた解析- (2年目)
34 Agency感の2段階モデルの検討
35 ヒト記憶情報処理における加齢の効果を媒介する脳内機構の解明
36 自己顔認知における時間的非対称性に関する研究
37 自己像への心理的反応と自己概念発達の関係に関する認知神経科学研究
38 α1‐chimaerinとアミロイドの相互作用メカニズムとアルツハイマー病の病態への関与
39 パートナー選択に関わる脳神経基盤の解明
40 社会的自己概念の中央集権的・地方分権的力学の神経基盤の解明

ページトップへ ↑