東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成27年6月27日(土)第14回加齢医学研究所研究会同窓会講演会のご案内
日時: 平成27年6月27日(土)午後5時30分から
場所: 加齢医学研究所 スマート・エイジング国際共同研究センター1階 国際会議室
演題: 科学研究の周辺
講師: 帯刀 益夫 先生(東北大学名誉教授、元加齢医学研究所所長)
要旨:  この度、東北大学加齢医学研究所研究会同窓会主催の第14回講演会を下記のとおり開催することになりました。演者には、帯刀 益夫(おびなたますお)先生をお招きしております。

 帯刀 益夫先生は昭和46年に東京大学大学院薬学系研究科を修了され、エール大学およびカリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学後、癌研究会癌研究所研究員、東京大学薬学部助教授を経まして、昭和62年10月に東北大学抗酸菌病研究所(現・加齢医学研究所)教授に就任されました。さらに平成12年から平成18年まで、6年間にわたり加齢医学研究所の所長を務められました。そして平成19年3月に定年退職され、名誉教授になられ現在にいたっています。また平成18年から平成25年まで、科学技術振興機構プログラム調整室プログラムオフィサーを務められました。退職後は、ヒトにとっての生命の意味を問いかける一般向け図書の執筆にも精力的に取り組んでおられます。
 帯刀先生は日本における分子生物学の黎明期に、その手法を取り入れた研究を積極的に展開され、分子生物学の普及に貢献されました。またご自身の研究では、一貫して血液細胞の分化制御機構を追求され、多くの門下生が各地の大学の教授等として活躍しています。さらに加齢医学研究所の所長時代には、脳科学に軸足をおいた加齢研究を研究所の新たな方向性として打ちだされ、現在の研究所の発展へと繋がっています。
 このたび帯刀先生は私達の加齢医学研究所研究会同窓会において、「科学研究の周辺」とのタイトルで講演されます。今回は、大変ご多忙のところ、ご講演いただくこととなりましたので、皆様お誘いあわせの上、多数ご出席いただきますようご案内申し上げます。
連絡先: 〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1東北大学加齢医学研究所内
加齢医学研究所研究会同窓会・事務局 齋藤 秀子
TEL:022-717-8576 FAX:022-717-8452

> セミナー一覧

ページトップへ ↑