東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成27年1月23日(金)加齢研セミナ-のご案内
日時: 平成27年1月23日(金)午後4時~
場所: 加齢研実験研究棟7階 セミナー室1
演題: New function of ADAR1 in RNAi mechanism
講師: 太田博允 博士
所属: The Wistar Institute Gene Expression and Regulation Program
担当: 松居 靖久 (医用細胞資源センター・内線 8571)
要旨: ADARは二本鎖RNAにおいてアデノシンをイノシンに特異的に脱アミノ化するRNA編集を行う酵素である。これまでADARによるRNA編集はRNAi機構に対して拮抗的に働くと考えられてきた。本研究で、我々はADAR1がRNAi機構の重要な因子であるDicerとヘテロ二量体を形成することを発見した。ADAR1はDicerとヘテロ二量体を形成することにより、miRNAのプロセシングを促進するだけではなく、miRNAのRISC(RNA-induced silencing complexes)への積み込みも促進することが明らかになった。ADAR1を欠損したマウスの胚では,ADAR1のもつRNAi促進能の不全のためmiRNAの発現がグローバルに阻害され,miRNAにより抑制されるべき遺伝子の発現上昇が観察された。ADAR1ノックアウトマウスが胚性致死となるのは,このRNAi促進能の不全に起因するものと思われる。

> セミナー一覧

ページトップへ ↑