東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成26年7月7日(月)加齢研セミナ-のご案内
日時: 平成26年7月7日(月)午前11時~12時
場所: 加齢研実験研究棟7階 セミナー室1
演題: ゼブラフィッシュの色素パターン形成と色素細胞の内在的キラリティ
講師: 山中 洋昭
所属: 大阪大学大学院生命機能研究科パターン形成研究室
担当: 小椋 利彦 (神経機能情報研究分野 ・内線 8564 )
要旨: ゼブラフィッシュの色素細胞は一定の配置パターンを構成することによってその特徴的な表面パターンを構成している。この配置パターンがどのようにできるかという問題に対しこれまで様々なモデルが提唱されてきた。われわれは色素細胞間の相互作用に着目し、これを解析するため色素細胞を取り出して in vitro で観察する系を立ち上げた。われわれはこの系において色素細胞が直接相互作用を通じて黄色色素細胞が黒色色素細胞を追いかける運動を発見し、この運動が色の異なる領域を分離しているという示唆を得た。さらにわれわれは細胞間相互作用において色素細胞の運動方向が一定の方向に偏っていることから黒色色素細胞の反時計回りの自転運動が存在することを見出した。セミナーではこの自転運動というユニークな現象についても紹介する。

> セミナー一覧

ページトップへ ↑