東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成25年10月9日(水)加齢研セミナ-のご案内
日時: 平成25年10月9日(水)17時~18時30分
場所: 加齢研SA棟 国際会議室
演題: 増殖因子シグナルのクロストークと上皮管腔組織形成、その異常によるがん
講師: 菊池 章 教授
所属: 大阪大学医学系研究科・医学部 分子病態生化学
担当: 堀内 久徳(所属:基礎加齢研究分野 内線 8463)
要旨: 上皮管腔組織は肺や肝臓、腎臓等の器官構築のための必須の構造である。また、悪性腫瘍の発生母地の多くが上皮組織であることから、上皮管腔組織の形成・維持と破綻の分子機構を明らかにすることは、がん研究の進展にもつながる。上皮管腔組織の形成過程では、上皮細胞は伸長や運動、増殖し、脱極性・極性化を繰り返しながら細胞外基質内でその形態を変化させるが、その分子機構は十分に理解されていない。本セミナーでは、増殖因子シグナルによる細胞骨格制御と細胞増殖制御の上皮管腔組織形成における役割と、その異常による発がんの可能性について議論したい。

> セミナー一覧

ページトップへ ↑