東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成25年9月25日(水)研究員会セミナ-のご案内
日時: 平成25年9月25日(水)午後1時~
場所: 加齢研SA棟 国際会議室
演題: 呼吸器上皮細胞の適切な空間配置はNotchシグナルによって調整される
講師: 森本 充
所属: 独立行政法人 理化学研究所、発生・再生総合科学研究センター
呼吸器形成研究チーム、チームリーダー
担当: 渡邉 裕介(所属:神経機能情報研究分野 内線 8596)
要旨: 高等動物の呼吸器は高効率なガス交換を行なうための特徴的な形態と、特殊な分化をした細胞で構成されています。気道の上皮細胞種の数量バランスは、呼吸器の機能に深く関わります。マウスの発生過程において気道の基本構造はE12.0-16.5に作られます。気道上皮の細胞は全て、胚発生中に存在する共通の幹細胞から発生します。この幹細胞は伸長中の気道の先端(肺芽)に局在し、各気道領域に異なるバランスで細胞を分布します。私たちはマウス発生工学を用いた解析により、主要な上皮細胞種の分布パターンが、組み合わせの異なるNotchリガンド-レセプターの相互作用で成り立っていることを発見しました。気道上皮における機能的な細胞分布パターンを形成するためのDevelopmental Strategyについて論じます。

> セミナー一覧

ページトップへ ↑