東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成24年6月30日(土)第11回加齢医学研究所研究会同窓会講演会のご案内
日時: 平成24年6月30日(土)午後5時45分から
場所: 加齢医学研究所 スマート・エイジング国際共同研究センター1階 国際会議室
演題: 研究者なら知っておくべき世界と日本の医療と経済の真実
ーあなたの払い過ぎ私的保険が人生と日本を破壊するー
講師: 石原 謙 先生
(愛媛大学医療情報学分野 教授)
要旨:

この度、東北大学加齢医学研究所研究会同窓会主催の第11回講演会を開催することになりました。演者には、石原 謙(いしはらけん)先生をお招きしております。

 石原 謙先生は1978年に大阪大学医学部医学科を御卒業。1995年大阪大学助手、同年国立大阪病院臨床研究部長を経て、1998年愛媛大学医学部医療情報部の部長・教授に就任されました。2000年には日本医師会 総合政策研究機構(日医総研)の研究部長をも併任し、医療界では世界最大のオープンソースシステムであるレセコンソフトのORCAプロジェクトの初代責任者として普及に努められました。厚労省の標準的電子カルテ委員会委員や、中医協での専門組織委員としての活動を行われ、現在の日医総研の職務としては、2011年からは研究担当副所長として日本の医療の素晴らしい真の姿を医療界のみならず国民に広く知らせる活動に邁進しておられます。
 循環器専門医かつ超音波指導医としての診療にも携わりつつ、研究面では医学部卒業以来一貫してME領域での研究を続け、超音波診断装置の改良や、マイクロカプセルを用いた超音波DDSの基本特許の確保など早くから研究者自身による特許の確保にも務められ、国内外に数十本の特許を保有しておられます。
 産業としての医療や、特許の経済的価値を研究する立場から医療政策や医療経済の研究も進めておられ、私ども医療関係者ですら知らなかった視点からの解説を、各地の大学医学部や、医師会での講演をしておられます。
 このたび石原先生は私達の加齢医学研究所研究会同窓会において、「研究者なら知っておくべき世界と日本の医療と経済の真実ーあなたの払い過ぎ私的保険が人生と日本を破壊するー」とのタイトルで講演されます。
今回は、大変ご多忙のところ、ご講演いただくこととなりましたので、皆様お誘いあわせの上、多数ご出席いただきますようご案内申し上げます。

連絡先: 〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1東北大学加齢医学研究所内
加齢医学研究所研究会同窓会・事務局 齋藤 秀子
TEL:022-717-8576 FAX:022-717-8452

> セミナー一覧

ページトップへ ↑