東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

  
◇平成24年2月20日(月)研究員会セミナ-のご案内
日時: 平成24年2月20日(月)16時〜
場所: 加齢研大会議室
演題: クラスリン集合因子の欠損は貧血を引き起こす —奈良女子大学での研究活動紹介を含めて−
講師: 渡邊 利雄
所属: 奈良女子大学大学院・人間文化研究科 個体機能学講座
担当: 千葉 奈津子(所属 免疫遺伝子制御研究分野 ・内線 8481 )
要旨: 白血病キメラ遺伝子CALM-AF10として発見されたCALMは、クラスリン集合活性を持ち、クラスリン被覆小胞による小胞輸送に関与していると考えられている。近年アルツハイマーとの関係も指摘され注目を集めている。重金属の鉄はトランスフェリンに結合してクラスリン依存性のエンドサイトーシスでトランスフェリン受容体と共に細胞に取り込まれるが、この過程にCALMは関与しないことがsiRNAを用いたノックダウン実験から示され、定説となっていた。また、CALM遺伝子のスプライシング異常変異マウスは、貧血であるが、その分子病態は不明であった。
今回私たちはCALM遺伝子欠損マウスを作製することで、(1)従来の定説とは異なりCALMはトランスフェリンのエンドサイトーシスに必要であること、(2)CALMの欠損は赤血球の鉄の取り込みを低下させ、貧血を引きこしていること、(3)CALM欠損マウスの脳では、脳室の肥大が起こっていることから、神経細胞の発生にも重要であることを明らかにした。

Phosphatidylinositol binding clathrin assembly protein (PICALM), also known as clathrin assembly lymphoid myeloid leukemia protein (CALM), was originally isolated as part of the fusion gene CALM/AF10, which results from the chromosomal translocation t(10;11)(p13;q14). CALM is sufficient to drive clathrin assembly in vitro on lipid monolayers and regulates clathrin-coated budding and the size and shape of the vesicles at the plasma membrane. However, the physiological role of CALM has yet to be elucidated. Here, the role of CALM in vivo was investigated using CALM-deficient mice. CALM-deficient mice exhibited retarded growth in utero and were dwarfed throughout their shortened life-spans. Moreover, CALM-deficient mice suffered from severe anemia, and the maturation and iron content in erythroid precursors were severely impaired. CALM-deficient erythroid cells and embryonic fibroblasts exhibited impaired clathrin-mediated endocytosis of transferrin. These results indicate that CALM is required for erythroid maturation and transferrin internalization in mice.

> セミナー一覧

ページトップへ ↑