東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

セミナー

     
◇平成23年11月24日(木)加齢研セミナ-のご案内
日時: 平成23年11月24日(木)16時~17時
場所: 加齢研 セミナー室 1,2
演題: 接着斑構成分子 talin の細胞運動、細胞質分裂における機能
講師: 辻岡 政経
所属: 大阪大学大学院生命機能研究科
担当: 田中 耕三(所属 分子腫瘍学研究分野  電話:8491)  
要旨: 組織中の細胞は、周囲の基質と接着することにより運動のための足場としている。この接着部位には、接着分子をはじめ多種のタンパク質が集積しており、接着斑と呼ばれるタンパク質複合体を形成している。なかでも talin と呼ばれる構成分子は、接着斑の形成に必須の分子であり、細胞ガン化への関与も指摘されていることから注目されている。talin は、ヒト、マウスをはじめ多くの生物で二種類のホモログが存在し、近年では接着斑以外での機能や、各ホモログの特異性についても研究が進められている。本講演では、細胞運動研究に適したモデル生物である細胞性粘菌を用いて明らかにした、talin の細胞運動、細胞質分裂における機能、二つの talin ホモログの特性の違いについて紹介したい。

> セミナー一覧

ページトップへ ↑