東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

研究活動

スマート・エイジング国際共同研究センター 企画開発部門

企画開発部門    
特任教授 工修・MBA 村田 裕之
スマート・エイジング国際共同研究センターのホームページへ

スマート・エイジング・カレッジ東京のホームページへ


企画開発部門では、スマート・エイジングという考え方の啓蒙・普及、研究開発部門の研究成果を、異業種の民間企業との産学連携、学習意欲の高い高齢者と学生・院生との世代間交流、および海外の先端的研究機関との共同研究を通じて実社会へ展開する事業を企画・推進しています。

1.異業種の民間企業との産学連携の企画・事業化

(1)スマート・エイジング・スクエア事業
スマート・エイジング・スクエアは、研究開発部門で開発される新しい認知トレーニング方法の実証や、高齢者の認知能力やメンタルヘルスの改善による経済効果などを検証する場としての役割を担います。
 センタービル6階スペースにスマート・エイジング関連企業に入居いただき、地域の高齢者の心身の健康を向上させる生活介入に関する企業サービスを提供いただきます。センタービル入居企業には産学連携契約も締結いただき、サービス利用者の心身機能向上の変化の計測評価や新たな心身機能向上法の開発研究なども共同で行っています。また、サービス利用者には、研究開発活動にも参加してもらう「市民参加型」の研究開発を進めています。
 スマート・エイジング・スクエアは、地域高齢者、民間企業、大学が一体となり、研究開発から商品化まで一貫して取り組める超高齢社会の新たな産学連携のスタイルを推進しています。

1

(2)ニューロ・ソーシャル・エコノミクス研究
 現状の高齢者向け介護予防は、運動器の機能向上・栄養改善・口腔機能向上のみに限定され、認知症・うつ病の予防・改善および介護予防費用回収の視点が欠けており、今後想定される認知症要介護者の増加に対応できず、社会保障費の際限ない増加をもたらす恐れがあります。
 当センターでは、筋力運動と脳活性化による新しい生活介入実験を地域社会で行い、高齢者の脳機能やメンタルヘルスを向上させ、医療・介護費を低減しながら、経済活動を活発化させる地域モデルに関する「ニューロ・ソーシャル・エコノミクス研究」を推進しています。
 また、2015年4月より、新たに「スマート・エイジング・カレッジ東京」事業を開始しました。これについては、東京分室の説明をご覧ください。

3

2.世代間交流を通じた実社会への展開

(1) スマート・エイジング・カレッジ事業
 スマート・エイジング・カレッジは、スマート・エイジングをテーマに高齢者と若手学生・院生・教員が大学キャンパスにおいて学び合う仕組みです。
 一般の高齢者約100名を受講生として公募し、東北大学教員や若手研究者による、スマート・エイジングに関する1年間のコースを行っています。震災のため開講が2012年4月からとなりましたが、これまでに3年間でのべ300名の選抜された受講生が参加しています。場所は当センタービル1階の大会議室を使用、月に2回程度の講義を実施しています。一コマ60分、一回に2コマ、通年で約40コマの講義を実施しています。
 また、講義テーマをもとにした各種ゼミも随時行っています。ゼミでは15人程度の少人数で、ディスカッションや計測実験の体験など、よりハンズオンに近い活動がなされています。
 スマート・エイジング・カレッジは、若手学生に対する社会教育と高齢者の能力発揮を組み合わせた超高齢社会における新たな学び舎を目指すとともに、地域社会のさまざまな高齢化に関わる問題に賢く対処できる「スマート・エイジング・コミュニティ」に変えていく触媒としての役割も担います。

4

2

3.海外の先端的研究機関との共同研究の企画開発

 企画開発部門は、50歳以上の会員3,700万人を有する世界最大の高齢者NPO
AARPと日本の大学として初の包括的学術協定を締結し、日本で豊富な実績のある学習療法の米国での展開を進めてきました。
 学習療法は薬物を使わない認知症改善・予防策であり、研究開発部門の研究成果のひとつです。学習療法は、その原理の科学的根拠と対認知症改善効果が国際学会で認められており、日本ではすでに1,400を超える高齢者施設・自治体で、約20,000人が取り組んでおり、認知症の改善・予防に大きな成果を上げています。米国での認知症の改善・予防に対するニーズは日本以上に大きく、学習療法に対する期待が寄せられています。

4.スマート・エイジングという考え方の啓蒙・普及

(1) 出版での啓蒙・普及
 川島隆太・村田裕之共著による「スマート・エイジングという生き方(扶桑社)」を出版し、スマート・エイジングの思想、スマート・エイジングのための生活習慣について啓蒙に務めています。

(2)新聞・雑誌での啓蒙
 スマート・エイジングに関する取材記事・寄稿はこれまで300回以上行われ、多くの民間企業・メディア・一般の方から支持を頂いております。また、海外のメディア、研究機関からの評価も高く、超高齢社会の処方箋として頻繁に取り上げられています。

(3)各種講演会での啓蒙・普及
  川島隆太・村田裕之を中心に、スマート・エイジングをテーマにした講演会をそれぞれ年間100回程度実施しています。

ページトップへ ↑