東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

研究活動

免疫遺伝子制御研究分野

教授 医博 佐竹 正延
准教授 医博 千葉 奈津子


研究内容

主に家族性乳癌原因遺伝子BRCA1の機能解析を行っています。 BRCA1はその生殖細胞系列変異により、乳癌や卵巣癌を引き起こす癌抑制遺伝子で、最近は、抗癌剤感受性に関与することも明らかになり注目を集めています。BRCA1は、DNA修復、中心体制御、転写制御、クロマチンリモデリングなど細胞内の多様な機構に関与することが知られています。私達は特にDNA修復や細胞分裂制御におけるBRCA1の働きに興味をもって研究を行っています。加齢医学研究所、加齢ゲノム制御プロテオーム寄附研究部門の安井明教授との共同研究により、DNA損傷に対する分子の応答をリアルタイムで解析できる実験系を用いて、私達は、BRCA1のDNA損傷部位への集積のメカニズムを明らかにしています。また、紫外線損傷の修復にも関与することを明らかにしました。また、 BRCA1の発現調節のメカニズムも明らかにしつつあります。さらに、最近は、BRCA1を相互作用する新規分子の同定に成功し、機能を解析したところ、その新規分子がBRCA1とともに細胞分裂制御において重要な働きをすることを発見しました。

図2
[メッセージ]

今後は、これまでのBRCA1の研究に加えて、さまざまな腫瘍関連分子に着目した研究を展開し、発癌のメカニズムの解明や治療や予防のための新たな標的分子の探索、放射線や抗癌剤の感受性予測因子の探索など、今後の癌治療において重要な個別化医療に貢献できるような研究を展開したいと考えています。

[最近の研究業績]

  1. Kais Z, Chiba N, Ishioka C, Parvin J D. Functional differences among BRCA1 missense mutations in the control of centrosome duplication. Oncogene, in press
  2. Wei L, Lan L, Yasui A, Tanaka K, Saijo M, Matsuzawa A, Kashiwagi R, Maseki E, Hu Y, Parvin J D, Ishioka C and Chiba N. BRCA1 contributes to transcription-coupled repair of DNA damage through polyubiquitination and degradation of Cockayne syndrome B protein. Cancer Science 102(10);1840-7, 2011
  3. Ransburgh D*, Chiba N*, Ishioka C, Toland A, and Parvin J D. (*co-first author) The effect of BRCA1 missense mutations on homology directed recombination. Cancer Res. 70(3);988-95, 2010
  4. Wei L, Lan L, Hong Z, Yasui A, Ishioka C, and Chiba N. Rapid recruitment of BRCA1 to DNA double-strand breaks is dependent on its association with Ku80. Mol. Cell. Biol. 28(24);7380-93, 2008

 

当研究分野では大学院生を募集しております。私達の研究にご興味のある方は、下記のメールアドレスにご連絡下さい。
佐竹 正延;satake@idac.tohoku.ac.jp、千葉 奈津子;nchiba@idac.tohoku.ac.jp

ページトップへ ↑