共通機器管理室 ご利用の流れ

・東北大学行動指針レベル2への引き上げに伴う共通機器管理室の運用変更について(1/8)
・レヘ゛ル2対応の立ち入り許可について_20210108.docx

ご利用の流れ(加齢研共同利用・共同研究採択者(学外))

1.共通機器管理室 利用細則・利用心得を読む
  「利用内規(PDF:215KB)」(令和3年4月から)
  利用心得(PDF:127KB)をお読みください。

2.機器を選ぶ
  下記より機器および利用料をご確認ください。
  「機器及び利用料金一覧(PDF:97KB)_改定」(令和3年4月から)
  *加齢研所内利用者の料金が適用されます。
  *ご利用の機器に修理費が発生した場合、その一部費用を負担していただく場合があります。

3~7.支払い財源が「加齢研共同利用・共同研究費」である場合
3.利用の申請をする
   利用申請フォームから申請を行ってください。
   【利用申請(所内・学内)】加齢研共通機器室
   ※申請の際のご注意
   ○申請は、使用開始予定月の1ヶ月前までに手続きをしてください。
   ○申請は、加齢研担当教員が行ってください。
   ○「利用責任者(教員)」は、加齢研担当教員を記入し、申請者は、「分野責任者以外の利用者名」へ記入してください。
   ○予算については、担当研究室又は経理係へお問い合わせください。
4.利用の許可
  設備等の利用が許可されると責任者から申請者へ Email が送付されます。
  
5.機器を予約する
  利用時間は平日9時00分~17時00分です。
  共通機器管理室へ電話またはメールにてご連絡いただき、予約をするようお願い致します。

6.機器を利用する
  利用後は、使用記録簿への記載を厳守してください。
  (記載の無い場合、以降の利用を禁止させて頂きます。)

7.利用料を納付する
  請求は、四半期に一度実施されます。但し、第4四半期(1-3月)は毎月に請求いたします。
  なお、修理費の一部負担については、1月及び次年度当初に請求いたします。

  *ご注意
   ○毎月の利用料の通知として、利用実績及び利用明細を Email にて送付いたします。
   ○修理費用の半分を各利用分野の利用度数に応じて按分します。
   ○予算の残額等については、担当教員へお問合せください。
   ○次年度に、異動、退職を予定されている場合は、2月中にその旨をお知らせください。
   ○高額な修理費の場合は、負担割合を勘案いたします。

8~12.支払い財源が「加齢研共同利用・共同研究費」以外である場合
8.利用の申請をする
  利用申請フォームから申請を行ってください。
  【利用申請(学外)】加齢研共通機器室
  ※申請の際のご注意
   ○申請は使用開始予定月の1週間前までに手続きをして下さい。
   ○共通機器運営委員会委員長との面談が必要な場合があります。
   ○見積書を必要とされる場合は、申請時にその旨をご連絡ください。
   ○申請書は、年度単位で提出してください。

9.利用の許可

  設備等の利用が許可されると責任者から申請者へ Email が送付されます。
  
10.機器を予約する

  利用時間は平日9時00分~17時00分です。
  共通機器管理室へ電話またはメールにてご連絡いただき、予約をするようお願い致します。

11.機器を利用する

  利用後は、利用記録簿への記載を厳守してください。
  (記載の無い場合、以降の利用を禁止させて頂きます。)

12.利用料を納付する

  請求は、四半期に一度実施されます。但し、第4四半期(1-3月)は毎月に請求いたします。
  加齢医学研究所事務部経理係から、利用納付者宛てに、請求書が発行されますので、所定の
  期日までに東北大学の指定する口座に納付してください。
  なお、修理費の一部負担については、1月及び次年度当初に請求いたします。
  *ご注意
   ○毎月の利用料の通知として、利用実績及び利用明細を Email にて送付いたします。
   ○修理費用の半分を各利用分野の利用度数に応じて按分します。
   ○次年度に、異動、退職を予定されている場合は、2月中にその旨をお知らせ下さい。
   ○高額な修理費の場合は、負担割合を勘案いたします。

所在地

〒980-8575
仙台市青葉区星陵町4-1
実験研究棟1階

問い合わせ先

  • PHONE&FAX 022-717-8455
  • EMAIL cic-admin.idac*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

ページトップへ ↑