東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

研究活動

ユビキタスセンサー研究分野

教授 医博 川島 隆太
助教 理博 野澤 孝之
助教 博士(工学) 池田 純起


 本分野は,日常的活動のなかでのヒトの認知・精神状態を読み取り,それを活かしてより良い生活を実現するための技術と方法論を研究・開発するために設立されました.脳機能計測を中心に,眼,自律神経活動,身体活動,言語活動など多様な情報を組み合わせてヒトの内部状態を読み取り,評価・知覚できるように(可視化/可聴化)し,学習・コミュニケーション・メンタルヘルス・安全性向上など様々な日常の場に応用する研究を推進します。

心のデコーディング研究では、最新の脳機能イメージング技術を駆使して、個人の注意・気分・意欲・理解などの状態を脳活動から読みとるための基礎研究と、その技術を生活の中で応用する社会技術研究を展開しています。また、集団の脳活動同時計測で社会的インタラクション時の‘複数脳の相互作用・共鳴’を明らかにし、コミュニケーションや共感を促進する技術や環境のデザインに繋げる研究を行っています。

図1
図1 様々なタイプの日常脳機能計測装置
図2
図2 超小型fNIRSを用いた言語/非言語コミュニケーション時の集団脳同調評価
図3
図3 様々なタイプのアイトラッキング測定
図3
図4 眼と頭部の活動を捉えるスマートアイウェア ((株)ジェイアイエヌと共同開発)

主な研究業績

  1. Nozawa T et al., Effects of different types of cognitive training on cognitive function, brain structure, and driving safety in senior daily drivers: A pilot study, Behavioural Neurology, 2015:e525901, 2015.
  2. Akimoto Y et al., High-gamma activity in an attention network predicts individual differences in elderly adults' behavioral performance, Neuroimage, 100C:290-300, 2014.
  3. Kawashima R et al., Riding a motorcycle affects cognitive functions of healthy adults. International Journal of Automotive Engineering, 5:73-76, 2014.
  4. Kawashima R et al., Cortical activity while riding motorcycles measured with a wearable near infrared topography system, International Journal of Automotive Engineering, 5: 77-83, 2014.
  5. Higo H et al., Interpersonal Similarity between Body Movements in Face-to-Face Communication in Daily Life, PLoS ONE, 9(7): e102019 2014.
  6. Nozawa T et al., Ongoing activity in temporally coherent networks predicts intra-subject fluctuation of response time to sporadic executive control demands. PLoS One, 9(6):e99166, 2014.
  7. Yokoyama R. et al, The neural bases underlying social risk perception in purchase decisions. Neuroimage, 91:120-128, 2014.
  8. Kotozaki Y et al., Biofeedback-based training for stress management in daily hassles: an intervention study. Brain Behav. 4:566-579, 2014.
  9. Kawashima R, Real time monitoring of one’s state of mind during communication, 17th World Congress of Psychophysiology, Hiroshima, Japan, Sep 23, 2014 (基調講演)

ページトップへ ↑