東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

共同利用・共同研究拠点の認定について

加齢医学研究所は「加齢医学研究拠点」として認定を受けました。(継続認定)

 このたび加齢医学研究所は学校教育法施行規則第143条の3に基づき、文部科学省より「加齢医学研究拠点」として認定を受けました。(認定の有効期間:平成28年4 月1日~平成34年3月31日) これは第一期(平成22年4月1日~平成28年3月31日)に引き続いての認定となります。
 加齢医学研究拠点では、生命の誕生から発達、成熟、老化、死に至る加齢 の基 本的メカニズムを解明し、得られた研究成果を応用して加齢に伴う認知症などの脳・神経疾患や難治がんな どの加齢疾患の克服を 目指します。さらに、先端的予防・診断・治療法や革新的医療機器の開発を行 い、超高齢社会における健康長寿の実現に向けて、加齢医学の中核的研究センターとして先導的な国内外 の共同研究を展開します。  モデル動物を用いた加齢研究領域、加齢・発生分化・生体防御の基礎的研究領 域、腫瘍制御研究領域、脳の発達・加齢研究領域、革新的医療機器開発の、五本柱の共同利用・共同研究 を推進します。 また、グローバル化、人材養成機能の強化、新分野創成、異分野融合研究の観点から、 一層の機能強化を行っていきます。これにより、スマートエイジング社会の実現に貢献し、世界に新し い高齢社会のあり方を 提示します。
2016年1月25日 掲載