東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

産官学共同研究として非臨床試験研究推進センターで慢性耐久性抗血栓性実験を重ねてきたモノピヴォットベアリング人工心臓ポンプの販売台数が1万台を超えました

非臨床試験推進センターでは、加齢医学研究拠点のプロジェクトとして産業総合技術研究所と共同で、人工心臓の遠心ポンプシステムの最も重要な基盤技術である軸受け部分について、モノピヴォットベアリングを採択することで抗血栓性、溶血特性を、飛躍的に向上させる技術開発に成功し、更にこの基盤技術を事業化して、病院に届けられる優れた人工心臓ポンプシステムとして製造販売台数が1万台を突破しました。
 この遠心ポンプ型人工心臓システムは、心臓が弱った患者さんの心臓の機能を一時的に助けるための左心補助人工心臓システム、あるいは、右心補助人工心臓システム、また、心臓の手術において心臓と肺の機能を代替する体外循環システムにおける人工心臓ポンプシステムに応用されるものです。  従来の心臓の手術においては、人工心臓システムとして、ローラーポンプなどのシステムが用いられていましたが、溶血の問題が解決できず、大動脈手術などの複雑な手術では遠心ポンプシステムも推奨されてきましたが、従来の遠心ポンプに使われてきた、ゴム製シートパッキンを用いたVシールシステムでは、軸封装置を用いているため摩擦、摩耗が大きく長期の耐久性は期待できず、長期にわたる補助循環では血栓形成による塞栓症が、大きな問題になっていました。
 モノピヴォットベアリングシステムは、血液接触稼働部分が、すべて独立して駆動されており、長期の抗血栓性、溶血性能を飛躍的に向上できることを東北大学が動物実験で証明してきたものです。


Enhancement of hemocompatibility of the MERA monopivot centrifugal pump: toward medium-term use. Yamane T, Kosaka R, Nishida M, Maruyama O, Yamamoto Y, Kuwana K, Kawamura H, Shiraishi Y, Yambe T, Sankai Y, Tsutsui T. Artif Organs. 2013 Feb;37(2):217-21.

この程、補助人工心臓の研究会と、1万台突破記念の祝賀会が基本設計を担当した産業総合技術研究所で開催されました。
  
 加齢医学研究所の医工学技術開発研究は、今日も心不全の患者さんの命を助け続けています。



問い合わせ先
山家 智之(やんべ ともゆき)
東北大学加齢医学研究所 非臨床研究推進センター 教授
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
TEL:022-717-8517
E-mail:yambe*idac.tohoku.ac.jp(*を@に換えて下さい)

2015年6月24日 掲載
 

ページトップへ ↑