東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

東日本大震災1年後の脳体積の増加は自尊心と相関 ~脳形態変化の追跡調査から~

脳体積

東北大学加齢医学研究所兼務(東北メディカル・メガバンク機構)の関口敦講師、川島隆太教授を中心とする研究グループは、東日本大震災発災の直後に観察された脳形態変化について、1年後の追跡調査を行いました。
 研究グループはこれまで、震災当時に仙台周辺に在住していた大学生の脳形態を調べ、震災直後の調査では、PTSD症状が強いほど眼窩前頭皮質の脳体積が減少することが明らかにしてきました。今回の研究では、同じ大学生たちに1年後の追跡調査を実施し、震災前/直後~震災1年後にかけて、①平均して眼窩前頭皮質の灰白質量が増加し、自尊心の強い人ほど左眼窩前頭皮質の体積増加が大きいこと、②平均して右海馬の灰白質量が減少していること、を明らかにしました。
 本成果はPTSD症状の回復過程の解明につながり、PTSDの予防、治療の一助になると期待されます。






【発表論文】
発表雑誌:Molecular Psychiatry誌
発表論文名:Resilience after 3/11: Structural brain changes 1 year after the Japanese Earthquake.
著者名:Atsushi Sekiguchi, Yuka Kotozaki, Motoaki Sugiura, Rui Nouchi, Hikaru Takeuchi,
    Tsuyoshi Araki,Sugiko Hanawa, Seishu Nakagawa, Makoto Carlos Miyauchi, Atsushi Sakuma,
    Yasuyuki Taki, Ryuta Kawashima

(問い合わせ先)
東北大学加齢医学研究所
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
TEL:022-717-7988 FAX:022-717-7988
脳機能開発研究分野 関口 敦
E-mail: fbi*idac.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

>>詳細(PDF 290KB)

2014年05月01日 掲載