東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の原因となるBRCA1の新規結合分子OLA1を発見


 2013年5月、米国の有名女優が予防的両側乳房切除を受けたことを公表し、BRCA1または、BRCA2の遺伝子変異が原因となる「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」が大きく注目されました。私達は、BRCA1の新しい結合分子Obg-like ATPase 1 (OLA1)を発見しました。OLA1の機能解析の結果から、OLA1の中心体における機能の破綻が発がん機構に関与することを解明しました。
 私達の解析により、OLA1が細胞分裂のために重要な中心体や紡錘体極に局在し(図1)、中心体の数の制御など、細胞分裂における染色体の均等な分配のために重要な機能を果たすことが明らかになりました。また、乳がん細胞株由来のOLA1の変異により、OLA1とBRCA1との結合が消失し、中心体の数に異常を来しました。さらに、中心体の数に異常を来す遺伝性乳がん・卵巣がん症候群由来のBRCA1の変異体では、OLA1との結合が著しく減少することも明らかになり(図2)、OLA1は、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の新しい原因遺伝子である可能性もあると考えられました。

 また、近年、BRCA1が遺伝性乳がん・卵巣がん症候群のみならず、難治性乳がんであるトリプルネガティブ乳癌にも関わることが明らかになっています。OLA1の機能やトリプルネガティブ乳癌との関わりのさらなる解析は、難治性がんの新しい診断や治療法の開発にも貢献できることが期待されます。

[画像]
図1. OLA1は細胞内の中心体や紡錘体極に局在する。
図2. OLA1とBRCA1のそれぞれの遺伝子変異により、OLA1とBRCA1の結合が消失し、中心体の数が異常になり、異常な細胞分裂が引き起こされ、がんの原因になると考えられる。

発表論文
Molecular Cell誌

発表論文名
The BRCA1/BARD1-interacting protein OLA1 functions in centrosome regulation

著者名
Ayako Matsuzawa, Shin-ichiro Kanno, Masahiro Nakayama, Hironori Mochiduki, Leizhen Wei, Tatsuro Shimaoka, Yumiko Furukawa, Kei Kato, Shun Shibata, Akira Yasui, Chikashi Ishioka, and Natsuko Chiba

2013年12月05日 掲載