東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

竹内光准教授(認知機能発達寄附研究部門)、住吉晃助教(脳機能開発研究分野)が井上研究奨励賞を受賞

本年度(第29回)の井上研究奨励賞に、東北大学加齢医学研究所の竹内光准教授(認知機能発達寄附研究部門)と住吉晃助教(脳機能開発研究分野)の受賞が発表されました。

竹内准教授は「MR拡散テンソル強調画像解析を用いたワーキングメモリ訓練による脳白質形態への影響の検討」、住吉助教は「小動物におけるEEGとfMRIの同時計測法の確立」の博士論文が評価されての受賞になります。

井上奨励賞は、理学、医学、薬学、工学、農学等の分野で過去3年の間に博士の学位を取得した35歳未満(医学・歯学・獣医学の学位については37歳未満)の研究者で、優れた博士論文を提出した若手研究者に対し贈呈されるものです。贈呈式は2013年2月4日に東京で行われます。

詳細 http://www.inoue-zaidan.or.jp/f-02.html
問い合わせ先
東北大学加齢医学研究所脳機能開発研究分野
(tel/fax 022-717-7988 email fbi*idac.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください))

2012年12月17日 掲載