東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

高井俊行教授(遺伝子導入研究分野)が「文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)」を受賞

高井俊行教授
高井俊行教授(遺伝子導入研究分野)

本学加齢医学研究所遺伝子導入研究分野の高井俊行教授が、「平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)」を受賞しました。

同表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的として授与されるものです。表彰式は、平成24年4月17日(火)文部科学省内で行われました。

業績名:免疫制御Fc受容体の研究
業績概要:
病原体の毒素を中和し、分解処理する血液中の抗体の重要性は周知である。しかしながら、これのレセプターであるFc受容体がどのように機能するのか、またFc受容体が新規薬剤の開発にとって良い標的となるのか不明であった。
本研究は、Fc受容体のγサブユニットが欠損した動物は抗体による炎症が誘発されないことを発見し、さらにFc受容体IIBが欠損した動物では抗体による炎症が逆に過剰になることを発見した。すなわち、抗体により免疫応答のスイッチが正と負の両方向に押されること、これが炎症性疾患を制御する重要な仕組みであることを世界で初めて示したものである。
本研究により、活性化型および抑制型のFc受容体がそれぞれ治療標的となることを示すとともに、このようなペア型の免疫制御受容体が他にも存在することを示唆したことにより、当分野の研究を著しく活性化し、実際に多くの類似した受容体がいまだに発見され続けている。また疾患治療の観点で、近年盛んに臨床応用されている抗体療法に確固とした理論的根拠が与えられた。
本成果は、抗体を用いた疾患治療、たとえば免疫グロブリン大量静注療法や単クローン抗体療法のさらなる改良や新規治療法の開発に寄与することが期待される。

2012年4月11日 掲載

 

ページトップへ ↑