東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

ユヴァスキュラ大学(フィンランド)と学術交流協定を締結しました。

サリネン学長(左)と佐竹所長(右)
 サリネン学長(左)と佐竹所長(右)

2012年4月12日、加齢医学研究所佐竹正延所長とユヴァスキュラ大学(University of Jyväskylä)サリネン学長との間で部局間学術交流協定が締結されました。

調印式及び調印式後のミニシンポジウムにおいて、今後の具体的な研究・教育交流について協議を行い、高齢者がスマート・エイジングを達成するための認知介入や運動介入方法の共同研究開発などを行っていくことを合意しました。

ユヴァスキュラ大学は、フィンランド・ユヴァスキュラ市にある国立大学で1934年に設立されました。自然科学および人間科学領域を中心とした7学部6研究所、教員約1400名、学生約1万5千名を擁する、フィンランド国立大学ではヘルシンキ大学に次ぐ2位にランクされる総合大学です。本協定の締結により、両大学間の円滑な研究推進が期待されます。

2012年4月16日 掲載

ページトップへ ↑