東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

ニュース

スマート・エイジング・カレッジ平成24年度受講生募集について(終了)

東北大学 加齢医学研究所
スマート・エイジング国際共同研究センター
センター長 川島 隆太

スマート・エイジング国際共同研究センターは、エイジング(加齢)による経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に成熟すること、いわゆるスマート・エイジングに係る国際的な研究を推進するため、平成21年10月1日に設置されました。

スマート・エイジング・カレッジは、東北大学教員による1年間の講義コースです。平成23年度開講予定でしたが、東日本大震災の影響で、平成24年度開講となりました。 この度、欠員が出たため、地域住民の皆様若干名を受講生として公募します。この講義コースでは、スマート・エイジングをテーマに、地域住民の皆様と東北大学の若手研究者や学生が、共に学びあう場を作り出すことで、地域住民の皆様と一緒に生きた研究環境を東北大学に実現することを目的としております。

講義は東北大学加齢医学研究所 スマート・エイジング国際共同研究センター 1階 国際会議室において、隔週金曜日の午前中に行います。詳細な講義日程は、別紙をご参照下さい。

また、優れた受講生の方には、将来、若手研究者のメンターとしても活躍してもらう場を設けたいと考えております。

さらに受講生の方には、加齢医学研究所におけるスマート・エイジング研究の、被験者ボランティアとしての参加をお願いすることがございます。

<関連情報>

募集要項

講義日程(PDF 97KB)

応募書類(PDF版 98KB) (Word版 37KB)

2011年12月8日 掲載

ページトップへ ↑