東北大学加齢医学研究所 加齢医学研究拠点 | Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

研究所概要

本研究所は、国立大学法人の中で唯一、加齢医学研究を標榜している附置研究所であり、全国共同利用・共同の「加齢医学研究拠点」として、日本の加齢医学研究の中核的役割を果たしています。

世界一の長寿国となった我が国においては、加齢医学への期待がますます高くなってきています。加齢の基本的メカニズムを解明するとともに、認知症などの加齢脳疾患や難治性のがんを克服することが、本研究所の目的です。これらの目的を達成するために、加齢制御・腫瘍制御・脳科学を3つの柱として研究に取り組んでいます。また、加齢を個人と社会のさらなる成熟・発展ととらえる「スマート・エイジング」の実現を最終的目標としています。研究所・大学の知の集結と、産学連携・一般市民参加の有機的体制で、その実現を目指します。


所長あいさつ

所長の川島隆太よりご挨拶です。
>>詳細

ページトップへ ↑


組織機構・研究分野

加齢医学研究所の組織機構・研究分野の一覧です。
>>詳細

ページトップへ ↑


共同利用・共同研究

公募のご案内、成果報告、制度の概要をご紹介します。
>>詳細

ページトップへ ↑


沿革・資料

本研究所の沿革、職員数や敷地面積、教授会議事録などを公開しています。
>>詳細

ページトップへ ↑